常識的に言って人間に限らずすべての健康な動物は、活動に必要な栄養のすべてを普段の食事から摂取できます。普段の食事を補充するためのサプリメントなどはあくまで健康を増進し、不足しがちな栄養素を保管するためであり必須ではないでしょう。しかし、ペットフードではやや事情が異なります。

市販フードや生鮮食晶の多くは保存や加工さらに加熱調理の結果としてペットに必要な栄養が一部失われてしまうでしょう。動物のさまざまな疾患予防に役立つ抗酸化物質やバイオフラポノイドと呼ばれる特定のサブリメン卜によるペットへのメリッ卜は様々な研究が進んでいるようです。ヒトにも健康増進効果があるグルコサミンは関節炎用として効果があることが知られ、これらのサプリメントも充実しているようです。

ペットになる一部の動物には、普段の食事から摂取する栄養に問題が起こることがあるとされています。そのため、酵素やブロバイオティクスなどのサプリメントによって、ペットの消化を改善することが期待されます。特に重要だとされていることがあります。強いストレスを受けたり、長年に渡って病気であったり、さらには有毒物質の過負荷状態にある犬や猫は、特にビタミンとミネラルの必要量だと言われています。これらのペットは食事中の含有量を上回るビタミンが必要だと言われています。

もっとも重要なことの一つに、サプリメントやその他の自然製晶は適切に使用しなければならないということが挙げられます。たとえ自然をうたうサプリメントであっても安全だと考えてはならないでしょう。サプリメントの多くは、不用意に用いると有毒となる可能性があります。疑わしい場合には、まずかかりつけの獣医師に相談すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です