人間社会で生活する中で、私たちは食物の脂肪成分に対して強迫観念を抱くようになっています。しかし、原則として犬や猫にとっては脂肪は良いものであり、多くの場合、脂肪摂取量を減少させると
とは有害となる可能性があるのです。

脂質はどんな働きを するのか?
脂質は、成長期の食事や作業犬の食事、授乳中の母犬や母猫の食事に必要なエネルギーを極めて濃縮された形で
供給しています。
脂質は1グラム当たりの供給エネ ルギー蜜が最大であるため、活動量の多い犬に理想的な栄養素です。

脂肪酸は細胞膜の重要な構成要素であり、組織の炎症に影響をおよぼします。低質の食事やある種の手作り食を与えられている犬は、食事中に、肉由来の脂肪が多く含まれているにもかかわらず、脂肪酸が不足する可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です