バイオフラボノイド

バイオフラボノイド:柑橘系の果物やハーブ、豆などに含まれる成分で抗酸化作用を持っています。フラボノイドにはいくつかの種類があります。アントシアニン類・フラボノール類(ケルセチン)(ルチン)・カテキン類・イソフラボン類・フラバノン類に分かれます。アントシアニンはブルーベリーなどに含まれるポリフェノールで、視力改善効果があることで知られています。フラボノール類のケルセチンはビタミンPと呼ばれる成分で玉ねぎや緑茶に含まれています。アレルギーの抑制や血行改善に用いられます。ルチンもそばやいちじくに含まれるビタミンPの一種です。強い抗酸化作用があり、生活習慣病予防や血流改善、関節炎緩和などさまざまな効果を発揮します。カテキン類は緑茶に多く含まれている成分です。殺菌・抗菌作用と抗酸化作用を持ち、脂肪燃焼や虫歯予防、コレステロール値低下などに効果があります。イソフラボン類は大豆などの豆に含まれ、女性ホルモンと似たような働きをすることで有名でアンチエイジング効果があるそうです。フラバノン類は柑橘系の果物に含まれます。ビタミンCの働きを促進させたり、コラーゲンの生成を促進させたりする効果があります。